糖化を避けて老化を裂ける

糖化を避けて老化を裂ける

糖化とは体のたんぱく質と体内に入ってきた糖が結合して変性して、AGEという老化促進物質になる事です。食べ過ぎや炭水化物や甘い物等の糖質の摂りすぎると、身体に余分な糖が増えます。たんぱく質と糖が結合すると、AGEが生じて糖化になります。

 

真皮を支えているのは、繊維成分であるコラーゲンとエラスチンでたんぱく質から出来ています。たんぱく繊維がしっかりと支えている事で、肌のハリや柔らかさが保たれています。ここにAGEが入ると、本来の弾力や柔軟性がなくなっていしまいます。

 

これにより、肌がたるんできてしまいます。このため、糖化が起こるのを避ける事が大切です。糖化が起こると肌のたるみだけではなく、糖尿病等の病気にもかかりやすくなります。身体にとても悪いので、糖化を引き起こさないように気を付けます。

 

糖化を起こさないようにするには、糖質の摂り過ぎを避ける事が1番です。食事の時には食べ方にも気を付けて、血糖値を急激に上げないようにします。それには、最初に野菜等を食べてから肉や魚を食べる事です。

 

加工食品には食品添加物が使用されていたりするので、なるべく食べないようにします。なるべく熱を加えないで、魚であれば刺身で野菜ならサラダで食べるのがベストです。

 

 

表情筋トレーニングでたるみを解消

皮膚のたるみを改善や解消するには、コラーゲン繊維やエラスチン繊維の質の変化や減少を防ぐ必要があります。顔の筋肉を鍛えるトレーニングを行っても、効果はほとんど見込めないです。

 

表情筋をトレーニングすると、脂肪と筋肉のたるみに効果があります。脂肪はあまり動かさないでいる部分につきやすいので、意識をして動かして筋肉を鍛える事で分解を促せます。予防や解消を行うだけであれば、普段から表情を大袈裟に作ったり食材を良く噛んで食べるだけでも効果があります。

 

顔の筋肉は非常に薄く繊細であるので、ハードなトレーニングを行う必要はないです。ただし目元等のポイントで鍛えたい場合や短期間でたるみを解消したい場合は、鍛えたい部位の表情筋を集中的に鍛えるだけです。

 

脂肪を減らすのに食事制限を行う人がいるが、最初は筋肉を鍛えていく事から始めます。食事制限を行ってしまうと、栄養不足になりたるみが反対に悪化してしまいます。マッサージ等は皮膚と筋肉と脂肪を繋いでいる支持組織を引き延ばす行為であり、百害あって一利なしになります。

 

顔にはいくつもの表情筋があり、その中でも口輪筋は普段から意識をしないと衰えやすいです。1番鍛えると良い、筋肉です。