たるみを内的要因から改善する

え!?シワやたるみは日頃の生活が影響する!?

たるみを内的要因から改善する

酸素が体内に入ると活性酸素に変化し、活性酸素は本来ウイルス等を体から守ってくれます。細胞をサビさせてしまう働きをし、この活性酸素が真皮層のコラーゲン等の繊維等にダメージを与えて細胞を老化させていきます。

 

酸素を沢山取り込み過ぎないようにして、細胞を老化させない程度にします。タバコを吸うとタバコに含まれているニコチンによって、血管が収縮され血管を阻害させてしまいます。酸素や栄養物が皮膚に運ばれににくくなり、皮膚の働きが衰えてしまいます。

 

喫煙をしている人は、出来る範囲で禁煙を心掛けます。睡眠中は皮膚細胞を構成するたんぱく質の合成が盛んになると、細胞に栄養を与えて肌のダメージを修復する成長ホルモンが分泌されていきます。

 

睡眠不足であると肌の新陳代謝がスムーズに出来なくなるので、睡眠はきちんんと取るようにします。また寝る時間も重要で、夜の10時から夜中の2時の間は成長ホルモンが分泌されるので寝る事です。

 

肌にはコラーゲンが大切で、新陳代謝を促進させてくれたりします。ビタミンやミネラルが不足しても、新陳代謝は滞ってしまいます。バランスの良い栄養素を摂取するようにして、普段の食事に気を付けるようにします。

 

 

シワやたるみを改善するための食材とは

肌老化のサインであるシワやたるみは、化粧品やスキンケアだけに頼らず、食生活を改善することが大切です。特にハリのある肌に必要な栄養素はビタミンCや鉄分、タンパク質などを多く含む食材になります。シワやたるみを改善するためには、どんな食材があるのでしょうか。

 

ビタミンCが多く含まれる成分には、アセロラやグアバ、煎茶、海苔、赤ピーマンや生キャベツなどがあります。ビタミンCには美肌効果があり、メラニン色素を薄くする効果や過剰な皮脂を抑え肌のキメを整える効果などが期待されます。ビタミンCには肌への効果だけではなく、免疫力を向上させて風邪を予防してくれたり、抗酸化成分による抗ストレス効果などがあります。

 

鉄分が多く含まれる食材には、乾燥海苔や干しひじき、あさりの水煮、乾燥きくらげなどがあります。鉄分には、コラーゲンの合成に必要なアミノ酸を作り出し、弾力性のあるコラーゲンを作る手助けをしてくれます。

 

タンパク質が多く含まれる食材には、ゼラチンや卵白、フカヒレ、大豆、鰹節などがあります。コラーゲンというのは、体全体のタンパク質量の約30%を占めるタンパク質の1種であります。細胞同士を繋げる土台の役割を担っています。

 

シワやたるみを改善するためには、化粧品やスキンケアをきちんとしながら、食生活を整えることでハリのある肌になっていきます。なので、ビタミンCや鉄分、タンパク質をバランスよく摂取するようにしましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る