シワ、たるみについて

え!?シワやたるみは日頃の生活が影響する!?

シワ、たるみについて

40を過ぎてから、シワ、、頬のたるみが、非常に気になりだしました。
若いころから、スポーツをしてきたのに、何も手入れをせず、洗顔は普通の石鹸でしてきました。後は、安い化粧水をつけるくらい。
色々するのが、めんどくさくて、すぼらな性格な為、こうなってしまったのですが。

 

3人出産を経て、肌も衰える一方です。
子育ても、上2人の男の子は野球をし、母親も直射日光を浴びることばかりです。
久しぶりに鏡をみると、ほうれい線のところにシワがあり、どこからみても目立つほど…。
ほっぺたもたるみが目立ち、見苦しいほどです。

 

これはいけないと、化粧品店に行き色々アドバイスをいただきました。クリーム、美容液など、色々ためしました。夜の洗顔後、化粧水をつけた後、100回ほどほっぺたを叩き、細胞を活性化させる。もちろんマッサージもします。自分でもしますが、少し余裕がある時は、そちらの化粧品店でエステもしてもらいます。
ほうれい線のしわや、ほっぺ、首のたるみなどもマッサージしてもらいます。
あと、私が購入したのは、口の中に入れる器具。

 

プラスチック製なのでなれるまでは痛みがありますが、引っ張るとシワをのばしてくれます。何回もしていくと、少ししわ、たるみが目立たなくなったような気が、しないような、するような。。

 

そんな感じです。

 

 

深いシワになる前に小さなうちにケアしましょう

シワは表皮性のシワ・真皮性のシワ・表情ジワと大きく3つの種類に分かれます。表皮性は水分不足や新陳代謝の低下によってできる所謂小じわです。目がしらや目じり、目の下にできます。ちりめんジワとも呼ばれます。真皮性は真皮まで達する深いシワのことです。

 

表情や骨格によってできるものを表情ジワといいます。シワは老化現象のひとつで、目立つことによって老けて見られがちです。仕方ないとあきらめてしまう人もいますが、日頃のケアでシワの発生を遅らせることは可能です。

 

小ジワはお肌の水分不足が最大の原因となりますのでしっかり保湿することが重要です。また、新陳代謝を健全に保つこともたいせつで、正しい洗顔で汚れをしっかり落としたうえで必要な成分を補給しましょう。紫外線も乾燥の元になりますし、さらに怖いのは真皮まで届き細胞を痛めてしまうことです。

 

目の周りの皮膚は薄くデリケートなのでちょっとした摩擦にも注意が必要です。アイメイクを落とす際も丁寧に優しく洗いましょう。

 

真皮まで達してしまった深いシワは改善するのはなかなか大変です。しかし、肌表面の保湿対策をすることで角質層を健全に保つことが予防につながります。角質層の水分が不足すると真皮からの水分補給が急速に必要になります。そうなると真皮の水分量も不足して機能の低下を招いてしまうのです。

 

加齢・紫外線・様々な刺激等により肌の働きが衰えてきた結果あらわれてしまうシワ。正しいスキンケアで不足した成分を補うことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る