え!?シワやたるみは日頃の生活が影響する!?

え!?シワやたるみは日頃の生活が影響する!?

シワやたるみは日頃の生活が影響する場合があります

40代となった私にとって、シワやたるみは非常に気になります。
いつまでも若く見られたいところではありますが、このシワとたるみを日頃から気をつけると、実際の年齢よりも若く見られることもあります。
シワとたるみの原因となる生活習慣について、2つ紹介します。
1つ目の原因となるものは食生活です。

 

特に肉食系が多い方は、特に要注意であると思います。
肉ばかりを食べてしまうと、油分を取りすぎることもありますし、第一に体が酸化しやすい状況となります。
野菜を摂取しながら体内をアルカリ性にしていくことは非常に重要です。

 

腸内やホルモンのバランスにもアルカリ性の商品は良いとされていますので、野菜とともに、適度なお肉を摂取していきましょう。
2つ目は洗顔と化粧水です。

 

男性も化粧水が必要であるか否かですが、ズバリ必要であると思います。
最近の夏の日差しはとても強い傾向になります。従いまして、紫外線によって肌も焼けやすく、シミやシワへの影響が発生する恐れがあります。
私の場合、お風呂で洗顔後、肌になじむ化粧品をつけてケアをしています。

 

このようなケアをし始めてからというものの、シワやたるみは次第に減少しつつあります。
お風呂上がりに少し面倒ですが、その分、先々には後悔をしないと思います。

 

シワを予防するには?

【しわの原因】
基本的には肌の劣化です。
肌は表皮、基底膜、真皮の3層に分かれていて、真皮の中にある繊維芽細胞でコラーゲンを創り出しています。肌が何らかの理由でダメージを受けた時にコラーゲンの生産量が減少して肌の劣化が起きます。コラーゲンが不足して肌がハリを失いたるみが出て最終的にはしわに進行してしまうのです。肌にダメージを与える要因としては、紫外線、化粧品、ダイエット、乾燥、老化、など様々な要因があります。

 

【しわの予防】
乾燥は、しわの最も一般的な原因です。正しいケアで肌の保湿をしましょう。
一日の終わりには必ずクレンジングをして、化粧水、乳液という正しいステップをまもりましょう。肌の保湿には最後のステップで油分を補わなければ肌の水分は蒸発してしまいます。
これは体の手入れも同じ事です。

 

入浴後きちんと水分を拭き取った後にていねいにボディークリームを塗らなければ乾燥を防ぐことは出来ません。コラーゲンやヒアルロン酸、尿素などを配合した乳液やクリームをならなお効果的です。

 

顔はきちんと手入れ出来ていても手や首のしわで老けた印象になってしまうことはよくあります。また、日焼け止めはなるべく1年中使い、化粧品はできるだけ洗い流せる程度で使用しましょう。

 

 

夏の終わりにおこる細かいシワ

普段は肌の水分量もグラフにするとバランスが取れている方だとデパコスの販売員の人にも言われいた私。スキンケアには色々と手間もかけていたため実年齢より肌年齢は若いといつも言われていました。

 

けれど45歳を過ぎたころから.今までお肌には水分量もたっぷりあったためしっとりとしていまのに、急にTゾーンが乾燥するようになったのです。そして、夏の終わりごろ何の気なしに鏡をみると目尻と口元眉間の間に小さなシワが目立つではないですか?!

 

えっ?どうして?シワが出来るなんてありえない!そんな思いが出てきて仕事中時間があれば鏡を出してのシワチェックをしてしまうしまつ。シワはある程度は仕方がないことだとわかっています。シワの数だけ人生を歩んできたことも十分承知しています。

 

でも、まだ40代。シワの数だけ人生を歩んだと思うには早過ぎる年齢です。とにかく、この目尻のシワとほうれい線のシワをなんとかせねば!そう思い、仕事帰りにいつものデパコスショップへ直行することにらしたのです。

 

担当者を呼んで目尻とほうれい線にできたらシワについて相談しました。夏にバカンスに行かれましたか?担当者にそう聞かれ、旅行へ行っていた話しをらするのと、暑いところでしたよね?と目尻とほうれい線あたりをローションでパッティングしながら聞かれました。

 

そう、夏の間紫外線防止はしっかりしてたけど暑いところをウロウロしていたのです。そのため、肌の水分量は減ってしまい小さなシワがデリケートな部分にできたのです。紫外線は防止できても水分量は防止できなかったため、乾燥を引き起こし小さなシワができたのです。夏は特に保湿が大事。シワのためにも。

 

しわ、たるみを作らないために気を付けること

女性の肌の悩みの一つとして、しわやたるみがあります。しわやたるみは、年齢を重ねると、どうしても避けられないものですが、日々の間違ったお手入れ方法や、癖によって悪化させることもあるので、注意が必要です。

 

しわやたるみの原因の一つとして、洗顔方法にあります。洗顔する際、どうしても肌は摩擦され、しわやたるみの原因になっています。なるべく、しわやたるみを防ぐには、キメの細かな泡で優しく洗うことが大切です。

 

泡立てネットは、時短で手軽ですが、手で泡立てるよりキメが荒くなりがちなので、出来れば石鹸は手で泡立て、十分の量の泡で洗って下さい。あと、洗い流す際の水の温度は、ぬるま湯程度が刺激が少なく、より、しわやたるみの悪化を防ぎます。

 

洗い流す際もなるべく肌は擦らず、丁寧に優しく洗い流しましょう。また、しわやたるみ原因として、紫外線の影響も肌の老化を進めています。曇りや冬場も紫外線はありますので、日焼け止めは毎日使う方がいいと思います。

 

また、スマートフォンの見すぎもたるみの原因の一つとされています。長時間せず、ずっと下を向いた姿勢を取り続けないように気を付けるとよいと思います。しわやたるみは、老化現象の一つではありますが、なるべくしわやたるみのない肌を保ちたいですね。それには、日々の積み重ねがより項をなすと私は、思っています。

 

 

化粧水や保湿クリームでしわをなくす

しわをなくすための化粧水の使い方は、500円玉くらい化粧水を取って頬や口や目の周り額の順番に軽く抑えます。シワになる原因は乾燥ではないので、化粧水よりもセラミドが入った美容液を付ける方が効果的です。

 

セラミドが効果的であるのは、体の角質と水分にあるので結合して肌が潤うからです。潤いでシワやたるみが軽減されるので、素晴らしい保湿成分になります。ただし加齢で減っていくので、外から補給をする必要があります。

 

スキンケア商品にセラミドが含まれているか確認するには、表記にセラミド2やセラミド3等の表記が書かれている事です。購入する時には、表記を見る事です。マッサージを行う時には、自己流で行うのはやめる方が良いです。

 

反対に顔のシワを増やす原因になってしまうので、本等に乗っている方法も逆効果になります。保湿クリームは第一関節に乗る程度の量で充分で、目の下やたるみやほうれい線に軽く叩くように塗るだけです。

 

保湿クリームであれば、2度付けするのは大丈夫です。化粧水と保湿クリームのスキンケアを1分ぐらいで終わらせるのが理想で、長く行ってしまうと顔や皮膚に負担をかけてシミやシワの原因になりやすいので気を付けます。

 

 

シワやたるみにはスキンケアクリーム

肌にしわやたるみが出てしまうと年齢以上の年齢に見られることがあります。人が集まるときや写真を撮る時には肌をきれいにしておきたいですよね。そんなときはスキンケアクリームによってケアをした方がいいです。

 

私も生活習慣の改善で肌をきれいにしようと思ったことがあります。確かに効果的ではあるのですが、効果が出るまでかなり時間がかかってしまい途中で諦めてしまいました。どんなものでもそうだと思うのですが、結果がでないとモチベーションを保つことが難しいです。スキンケアクリームを使うと使っているときから改善されている気がするのでモチベーションを保てます。

 

ですがどんなスキンケアクリームを使えば分からないという方もいらっしゃいますよね。スキンケアクリームも現在はたくさんの種類がでており、効果もそれぞれ違うので探すのが大変です。私がおすすめするのはスキンケアクリームナノアルファです。

 

肌によいと言われるコラーゲンを与えてくれるクリームで、しかも生コラーゲンなので保湿効果が普通のより2倍高いです。しかもサイズがナノサイズなので、肌の奥まで浸透してくれます。この2つの特徴によりこのスキンケアクリームはとても効果が期待できるのです。

 

もしスキンケアクリームを考えているならばスキンケアクリームナノアルファを試してみてください。

 

⇒ナノアルファのお試しレビューはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る